過去の単品ダイエット

過去の単品ダイエットは、確かに対象になる食品にダイエット効果や栄養があるのもあるのですが、完璧な栄養はなくかたよってしまうのです。

 

そして過去の単品ダイエットは、期間が決められているものも多くありました。

ようするに栄養がかたよったものを長くダイエットを続けてしまうと体を壊す原因になるということなのです

 

ですが体重が落ちてくると本来辞めなければいけない期間を過ぎてダイエットを継続をしてしまう人がいますが、これは危険ですしダイエット辞めた時にリバウンドしてしまう原因になります。

 

栄養やカロリーを大幅に抑えたダイエットをすると確かに一時的には痩せるのですが

急激に体重が落ちると脳が飢餓だ危険だと勘違いして少しのカロリーでも太らないように

省エネ体質に変えてしまいます。

 

このことを停滞期といいます。

脳が飢餓ではなくダイエットで体に危険はな方と理解するのは1か月~6か月と言われています。

 

この停滞期に入るといくらカロリーや激しい運動しても体重が落ちなくなるのでこの停滞期を知らない人はさらにカロリーを減らして体を壊して生理や病気がちになり亡くなってしまう人も毎年でます。

 

そして体重が落ちないストレスからダイエットを辞めてしまう人が多いのです。