停滞期でダイエットを辞めるということ

そしてこの停滞期にダイエットを辞めてダイエットする前の食事をとると少しのカロリーで動ける体質になっているので前の食事では、太らなかった食事でもカロリーオーバーになり余ったカロリーは飢餓と勘違いしている脳はほとんど脂肪として体にどんどんため込みます。

 

栄養を取らないダイエットをすると足らない栄養は脂肪ではなく筋肉を分解して養うので筋肉は、脂肪を燃やす働きもあるので無理なダイエットをすると痩せにくい体質になってしまうのです。

 

その筋肉がなくて脂肪を重点的に溜め込んでいくと元の体重になった姿はダイエット前よりもスタイルが悪くなりたとえると手足が細いのですがおなかがでっばた転がったほうが歩くより早いんじゃないかというようなスタイルになります。

 

そしてこの停滞期は、どんな優れたダイエットしたとしても遅かれ早かれ体重が落ちてくると必ず起きる現象で、逆に言えばこの停滞期があるということはダイエットが順調に行っているということでもあります。

 

この停滞期をおこしにくくする方法は、ダイエット中でも1日最低限のカロリーや栄養を取ることにより脳が飢餓と勘違いしないようにするのと停滞期に入ってもあせらず今まで通りのカロリーと栄養を取ると停滞期も短くなります。

 

停滞期が来るということは順調で期間が過ぎればまた体重が落ちると思って気楽にダイエットするのがいいのです。